• ホーム
  • ヒルドイドを含んだ軟膏は美容目的に使用する場合でも処方してもらえるのか

ヒルドイドを含んだ軟膏は美容目的に使用する場合でも処方してもらえるのか

肌がきれいな女性

保湿、血行促進、ターンオーバーなど様々な効果が期待出来るヒルドイドは、ヘパリン類似物質が配合されています。ヘパリン類似物質は、お肌にあるヒアルロン酸と同じような働きがあります。年齢を重ねると(30代後半頃から特に)、コラーゲンという肌の細胞同士をつなぐものの生成量が激減します。生成量が減る事で保湿力も低下しますし、弾力も無くなり乾燥肌になります。

乾燥すればあらゆる肌トラブルが引き起こされる要因になりますし、対策をするという上でヒルドイドはこういった肌トラブルに有効ですし、今美容系の雑誌やネットでも話題です。しかしここで考えなければならないのは、ヒルドイドは基本的に美容目的では出してもらえないという事です。処方薬ですので、ヒルドイドという名前の医薬品はドラッグストアでは売られていません。医師の診断を受けて出してもらわなければならない薬です。アトピーなどの皮膚疾患やケロイドの治療、また血行不良による痛みなどにも使われていますが、そういった治療の目的では医師に処方してもらう事が出来ます。

しかし、美容目的で医療機関を受診する場合には、基本的に保険は適用外ですし、保険を使って美容目的であるヒルドイドを処方してもらう事は出来ません。今これが問題になっており、アンチエイジング的な目的でヒルドイドを処方してもらう女性が多く、国の医療費を圧迫しているという事もニュースで取り上げられています。福祉的な医療は、健康を目的とした治療に使われなくてはいけませんし、美容目的で安易に処方をしてもらう事は出来ません。

ではどのように手に入れられるかというと、個人輸入が代表的な方法です。個人輸入は海外医薬品やサプリメント、また化粧品であったり処方箋が必要な処方薬であっても通販で購入することが出来ます。日本の薬事法では取り扱われていない医薬品や、医師の診察を受けなければならない場合でも診察を受けずに購入することが出来る便利な方法です。個人輸入といっても、代行業者を利用しますので流れは一般的な通販の様に簡単ですし、診察を受ける手間もかからずまとめ買いをすれば1個当たりの価格も割引されたり、送料も無料になるのでお得です。

ヘパリン類似物質が配合されているクリームは、ドラッグストアでも売られてはいますが、ヒルドイドと限定するのであれば美容目的で医師に処方してもらう事は出来ませんので、個人輸入を利用して手に入れると良いでしょう。