• ホーム
  • 病院での処方ではなくヒルドイドを個人輸入するのは危険なのでしょうか

病院での処方ではなくヒルドイドを個人輸入するのは危険なのでしょうか

美しい女性

美肌を求める方にとって、保湿や保水ケアを行う事は重要です。乾燥肌になる事であらゆる肌トラブルが引き起こされますし、シワが出来たり、バリア機能の低下でシミが出来る、毛穴の開きなどのエイジングサインも出やすくなりますので入念なケアを行っていきましょう。

今注目されているのがヘパリン類似物質が配合されている医薬品です。ヒルドイドが代表的な医薬品で、これは医療機関で診察を受けて処方してもらう事が出来る処方薬です。ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質はヒアルロン酸のような働きがあり、お肌の奥深いところまで潤いを与える事が出来ますし、血行不良を改善して血流の良い状態にすることが出来ます。そのためターンオーバーにも作用しますし、年齢とともにくずれがちになるターンオーバーも促進することが出来るのでエイジングケアとしても使えます。

しかし美容目的ですと、基本的には病院で保険を使った処方してもらう事が出来ません。今日本では問題になっているのですが、美容目的の治療の場合には保険が適用されないことになっているのにもかかわらず、ヒルドイドを処方してしまい保険による医療費の圧迫というのが国でも注目されているのです。

さらにドラッグストアなどでは売られていないですし、診察を受ける事自体も面倒と感じている方は多いです。実は診察を受けて処方箋をもらわずに手に入れる方法があります。それが個人輸入で、今様々な海外医薬品やサプリメントや化粧品、そして日本でも処方箋が必要な医薬品に関しても購入することが出来ます。

個人輸入という方法を使えば、日本の薬事法の問題でドラッグストアなどで売られていない処方薬や成分が日本処方では許可されていないけれど効果が高いと言われる海外医薬品も手軽に購入することが出来ます。個人輸入というと、難しいように感じるかもしれませんが、代行業者を利用しますので通常の通販と変わらなず簡単です。

ヒルドイドも購入出来ますが、ヘパリン類似物質の量がさらに多いヒルドイドフォルテクリームやヒルドイドフォルテジェルも取り寄せる事が出来ます。ヒルドイドフォルテクリームもヒルドイドフォルテジェルも有効成分の含有量はどちらも同じですが、通常のヒルドイドよりも効果が高いですし日本では処方してもらう事が出来ない海外医薬品ですので、使用感の好みに合わせて個人輸入で取り寄せてみると良いでしょう。敏感肌の方でも使いやすい低刺激性なので安心です。